セノッピー 背が伸びる

カルシウムグミの公式サイトはこちら

[セノッピー 背が伸びる]セノッピーの気になる効果ベスト3

[セノッピー 背が伸びる]気になる効果ベスト3

[セノッピー 背が伸びる]気になる効果ベスト3 (1)背が伸びる (2)骨が丈夫になる (3)心も強くなる

セノッピーを背が伸びることを期待して食べ始めたり子どもに食べさせたりする人が殆どだと思います。セノッピーは、成長期に特化した黄金バランスの成長サポートグミサプリ。背が伸びること以外にも骨が丈夫になる、心が強くなる、丈夫なカラダ作り、勉強に集中できるようになるなどの嬉しい効果も期待されています。

栄養機能食品です!

カルシウムグミの公式サイトはこちら

セノッピーの効果1:背が伸びる

セノッピーに期待される嬉しい効果の一つ目は背が伸びることです。おそらく、背が伸びることを期待してセノッピーを食べ始める人が殆どでしょう。セノッピーは成長期に特化した黄金バランスの成長サポートグミサプリですから、それも当然のことですよね。

セノッピーは、国が定める特定の栄養素を含んでいる栄養機能食品です。成長サポートのカルシウム、活力サポートのアルギニン、伸長サポートのボーンペップ、カルシウムの働きに関わり骨などの健康に関与するビタミンDなどを豊富に含み、1日2粒で成長期の栄養チャージを協力にサポートします。

セノッピーの効果2:骨が丈夫になる

セノッピーに期待される効果の二つ目は骨が丈夫になることです。子どもの成長の基礎ともいえるカルシウムを、その他の栄養素とともに成長期に特化した黄金バランスで配合。

セノッピーは体内に最も多く含まれるミネラル成分で、その99%が骨と歯に存在します。成長期の子どもにとって最も必要とされるカルシウムはビタミンDの働きによって吸収されます。

セノッピーにはビタミンDも配合されているので、とても大切なカルシウムを無駄なく活かすことができます。

セノッピーの効果3:心も強くなる

セノッピーに期待される効果の三つ目はカラダだけじゃなくて心も強くなることです。強い心になるためには丈夫なカラダが必要です。

セノッピーには脳の発達に良いと言われるDHAが配合されています。生体内では脳や神経組織に多く含まれるDHA。心とカラダの両方を強力にサポートするセノッピーです。

カルシウムグミの公式サイトはこちら

[セノッピー 背が伸びる]成長サポートグミサプリ

セノッピーはぐんぐん伸びたい子どものための成長サポートグミサプリです。子どもの成長に必要な栄養素は食事から摂るのが基本だとは分かっていても、毎日のことなのでとっても大変!

子どものためを思って一生懸命食事を作っても食べてくれなかったり、忙しくてついついレトルトに頼ってしまって、栄養が偏ってしまうことはそう珍しいことではありません。

でも大丈夫!

子どもの成長期に特化した栄養の黄金バランスに優れたセノッピーが、ぐんぐん伸びたい子どものための栄養バランスを協力にサポートします。

[セノッピー 背が伸びる]成長期に特化した黄金バランスの栄養素

セノッピーは成長期に特化した黄金バランスの栄養素を含んだ成長サポートグミサプリです。成長サポートのカルシウム、活力サポートのアルギニン、伸長サポートのボーンペップなど、育ち盛りの子どものための栄養バランスグミです。

しかも、セノッピーは、国が定めた規格基準値に適合した栄養機能食品。セノッピーに配合されているビタミンDがカルシウムの吸収を高め、子どもの成長を強力にバックアップします。

[セノッピー 背が伸びる]シールド乳酸菌配合が健康と成長をサポート

セノッピーには健康を守るために選び抜かれたシールド乳酸菌が2粒あたり100億個配合されています。子どもの健康と成長をしっかりとサポートします。

シールド乳酸菌について、森永乳業のページに次のように書いてあります。

選び抜かれた乳酸菌。
それが「シールド乳酸菌®」です。
忙しい方や、小さいお子さま、高齢の方にもおすすめです。

森永乳業(株)が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌(加熱殺菌菌体)で
盾 (シールド)のように外部からの敵を防御することをイメージして名付けられました。

森永乳業

シールド乳酸菌は、免疫を活発にする作用が高く、インフルエンザの症状を軽減させる働きがあるとも言われ、カラダ本来の健康力を引き出し健康な毎日を支えます。シールド乳酸菌は、育ち盛りの子どもにとって頼もしい味方ですね。

[セノッピー 背が伸びる]骨を強くするので怪我にも強くなる

セノッピーを食べると骨を強くするので怪我にも強くなる効果が期待できます。子どもがグングン伸びるために特に大切なのがカルシウム。しかし、カルシウムだけをたくさん摂取してもカルシウムななかなか吸収されません。

しかし、セノッピーにはカルシウムとあわせてボーンペップとビタミンDが入っています。カルシウムとボーンペップとビタミンDを一緒に摂ることで骨密度を高め、骨の成長を促す効果が期待できます。

[セノッピー 背が伸びる]無添加グミサプリ

セノッピーは無添加グミサプリです。子どもの成長のために食べさせるセノッピーですから無添加であるのは当然のこと。虫歯になりそうな砂糖無添加、安心安全の人工甘味料無添加なので、セノッピーは子どもの毎日のおやつ代わりに食べられます。

カルシウムグミの公式サイトはこちら

[セノッピー 背が伸びる]栄養成分

[セノッピー 背が伸びる]セノッピーは栄養満点!

セノッピーには子どもの成長をサポートし健康を守るための様々な栄養成分が含まれている栄養機能食品です。

カルシウムグミの公式サイトはこちら

[セノッピー 背が伸びる]伸び盛り専用の栄養素配合

セノッピーは子どもの伸び盛り専用の栄養素配合の成長サプリ。子どもの背が伸びて健康的に大きく成長することを願ってセノッピーを子どもに食べさせる親が多いと思いますが、セノッピーを食べるメリットはそれだけではありません。

セノッピーの公式サイトには、使用している原材料に関して次のように書かれています。

水飴、麦芽糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、粉末オブラート、ホエイたんぱく濃縮物、鉄含有酵母、はちみつパウダー、リンゴ果汁末、乳酸菌、納豆菌滅菌粉末、卵白蛋白加水分解物、DHA ・EPA 油、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん、/ ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、乳化剤、ビタミンD、キシリトール、ビタミンE、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、V.C、ラクトフェリン、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12、(一部に乳、卵、大豆、ゼラチンを含む)

セノッピー公式サイト

このようにセノッピーには多くの原材料が使われ、多くの栄養素を含みます。特に子どもの頃というのは、親の思うようにはご飯を食べてくれないこともあります。セノッピーを毎日食べることで自然に子ども栄養バランスが整い、子どもの健康を守ることができます。

セノッピー カルシウム

セノッピーには成長の基礎ともいえるカルシウムが含まれています。特にカラダが大きくなる成長期の子どもにとってカルシウムはとっても大切なミネラルです。

カルシウムは数あるミネラルの中でも最も体内にたくさん含まれています。カルシウムは体重の1~2%も体内にあると言われているので、結構な量のカルシウムが体内にあるんですね。その多くが骨と歯に存在していて、残りのカルシウムは血液や細胞外液に含まれています。

成長期の子どもは背が伸びてカラダがどんどん大きくなっていっているので、丈夫な骨を作るためにもカルシウムはとっても大切なミネラルです。

セノッピー アルギニン

セノッピーには、カラダの成長をぐんぐんサポートすると言われているアルギニンが含まれています。

アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつです。アルギニンは非必須アミノ酸とされていますが、成長期の子どもにとっては不足しがちなので、子どもには必須アミノ酸とされています。

アルギニンの主な働きとしては、成長ホルモンの分泌促進、脂肪代謝の促進、免疫機能の向上などに関係していて、子どもの成長にとって欠かせない大切な栄養素です。

セノッピー ボーンペップ

セノッピーに含まれているボーンペップは骨の健康に関係している骨の成長促進成分です。カルシウムは骨の健康に大切なミネラルではありますが、カルシウムだけたくさん摂取してもカルシウムはなかなか吸収されません。

カルシウムとボーンペップを同時に摂ると骨の成長を促進されることが分かっています。また、カルシウムとボーンペップを同時に摂ることで骨密度が高くなるし、骨の強度が強くなることも分かっています。

子どもの成長に欠かせないカルシウムとボーンペップを同時に摂取して骨の成長を促進しつつ、アルギニンも同時に摂って成長ホルモンの分泌を促します。

このように、セノッピーには子どもの成長に欠かせないカルシウム・アルギニン・ボーンペップが黄金バランスで配合されている栄養機能食品です。

セノッピー シールド乳酸菌

最近時々耳にするようになったシールド乳酸菌。セノッピーには1日分2粒の中にヨーグルト1個分、約100億個のシールド乳酸菌が含まれています。

シールド乳酸菌は森永乳業が発見したヒト由来の乳酸菌です。シールド乳酸菌は、元から死菌の殺菌菌体です。そのためにシールド乳酸菌はその効果を保ったまま変質しにくいのが特徴です。

子どもの健康を守るために選び抜かれたシールド乳酸菌。セノッピーに含まれているシールド乳酸菌が子どもの成長をサポートしながら子どもの免疫力を高めて子どもの健康を守ります。

[セノッピー 背が伸びる]その他の栄養素

セノッピーには、カルシウム、アルギニン、ボーンペップ、シールド乳酸菌以外にも多くの栄養素が含まれています。

セノッピー オメガ3

セノッピーにはEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています。オメガ3脂肪酸は体内のさまざまな機能にとって重要な働きをします。

DHAは脳や網膜や神経に含まれる脂肪酸の主要成分であり、生体内のシグナル伝達にも関わるとても大切な栄養素です。

DHAは食品では鯖や鰯や秋刀魚などの青魚に多く含まれていて、日本人は青魚を食べることでEPAやDHAなどのオメガ3を多く摂取してきましたが、近頃では青魚を食べることが少なくなっているようです。

特に、魚が嫌いな子どもも多く、セノッピーでオメガ3を補うことはとっても大切なことです。

セノッピー 鉄

セノッピーには鉄分が含まれています。赤血球に含まれるヘモグロビンが鉄イオンを利用して酸素を全身に運ぶ働きをしています。鉄分が不足すると貧血になったり、免疫機能が低下したり、運動機能が低下することがあります。

成長期の子どもは鉄分が不足しがちです。鉄分が不足すると貧血になるのは広く知られていることだと思いますが、成長期の子どもが鉄分不足になると体力低下、免疫機能低下、集中力や学習能力の減退などが現れてくることがあります。

鉄分は、葉ものの野菜、肉や魚介類、豆類や藻類などに多く含まれています。食事からの鉄分摂取が不足している場合はセノッピーなどのサプリメントで補給するのも良いことです。

セノッピー たんぱく質

セノッピーにはたんぱく質も含まれています。たんぱく質は、炭水化物と脂質とあわせて三大栄養素と言われ、カラダを作る役割のあるとても大切な栄養素です。

カラダを作る働きがあるということで、成長期の子どもにとってとっても大切な栄養素ですよね。たんぱく質と言われてすぐに思いつくのが肉や魚でしょう。

普通の食事をしていればたんぱく質が不足することは考えにくいのですが、もしたんぱく質が不足しているようなら、食事内容を見直すと同時にセノッピーなどのサプリメントで栄養補給することもよい方法です。

セノッピー 葉酸

セノッピーには葉酸が含まれています。葉酸はビタミンB群のひとつで水溶性。体内ではビタミン代謝、タンパク質代謝、アミノ酸代謝などに関係しています。

葉酸は、緑黄色野菜、果物、レバー、うなぎ、牡蠣などに多く含まれます。葉酸は様々な食品の含まれるので、普通の食事をしていれば葉酸が不足することは少ないと考えられます。

しかし何らかの原因で葉酸が不足すると造血機能に異常をきたし、巨赤芽球性貧血、神経障害や腸機能障害などが起きることがあります。

セノッピー ラクトフェリン

セノッピーにはラクトフェリンが含まれています。ラクトフェリンには様々な働きがあります。強力な抗菌作用による免疫機能の向上、ノロウィルスやロタウィルスの感染防止と症状の緩和、脂質代謝の改善、創傷の治癒促進などの効果が期待されています。

背がグングン伸びて、カラダがどんどん大きくなっていく成長期の子どもって、動きが活発なので何があるのか分かりません。ラクトフェリンのそのような働きは心強いですね。

セノッピー ビタミンE

セノッピーにはビタミンEが含まれています。ビタミンEは脂溶性のビタミンの一種で、主に抗酸化物質として働きます。

ビタミンEを多く含む食品としては、青魚、マヨネーズ、アーモンド、ピーナツ、大豆、たらこ、いくら、キャビア、ひまわり油、べにばな油、とうもろこし油などです。

特に、ひまわり油、べにばな油、とうもろこし油などの油脂類に多く含まれているので、ビタミンEが不足することは少ないと考えられます。

セノッピー ビタミンD

セノッピーにはビタミンDが含まれています。ビタミンDは脂溶性ビタミンの一種で日光にあたることで体内で生成されます。

ビタミンDを摂ることでカルシウムの吸収が高まります。ビタミンDは必須栄養素ではありますが、日光(紫外線)を浴びることで体内でも生成されることは広く知られています。しかしながら、屋内で過ごすことの多い人にとってはビタミンDは不足しがちです。

ビタミンDを多く含む食品としては、鰹・紅鮭・鰻・秋刀魚などの魚介類、きくらげ・干し椎茸などのキノコ類です。ビタミンDを多く含む食品を食べたり、セノッピーのようなサプリメントでビタミンDを補給することが大切です。

セノッピー キシリトール

セノッピーにはキシリトールが含まれています。キシリトールが使われているガムなどを店頭で見かけることも多く、キシリトールは虫歯になりにくい甘味料、キシリトールは低カロリー、キシリトールは血糖値上昇抑制効果を持つ甘味料であることは広く知られています。

セノッピーには虫歯になりやすい砂糖が使われていません。キシリトールを使うことで虫歯になりにくくてカラダに安心のセノッピーになりました。

セノッピー バリン

セノッピーにはバリンが含まれています。バリンは必須アミノ酸のひとつ。牛肉、鶏肉、魚、ピーナツ、ゴマなどに多く含まれます。通常よく食べられる食品に多く含まれているので、普通の食生活をしていればバリンが不足することは少ないと考えられます。

バリンは筋肉で代謝されるので筋肉のエネルギー代謝に深く関係しています。一般的にバリンは、筋肉を作る、疲労を抑える、運動中に筋肉が消耗してしまうことを防ぐ働きがあると言われています。また、脂肪燃焼を促す働きがあるとも言われています。

セノッピー ロイシン

セノッピーにはロイシンが含まれています。ロイシンは必須アミノ酸のひとつ。しかも必須アミノ酸の中でも特に筋肉の増量や保持に重要な働きをしています。

ロイシンは、牛肉、鶏肉、卵、アジ、サンマ、カツオ、牛乳、チーズ、納豆など、通常よく食べられる食品に多く含まれるので、普通の食事をしていれば不足しにくい栄養素です。

ロイシンは脂肪燃焼を促したり、疲労を押さえる働きもあると言われており、ダイエット効果も期待されています。

セノッピー イソロイシン

セノッピーにはイソロイシンが含まれています。イソロイシンは必須アミノ酸のひとつ。バリン、ロイシンとともに筋肉のエネルギー代謝に深く関係しています。

イソロイシンには、疲労を押さえる働き、筋肉を作る働き、脂肪燃焼を促す働きがあると言われています。

セノッピー ビタミンC

セノッピーにはビタミンCが含まれています。ビタミンCはよく知られた水溶性ビタミンです。体内でビタミンCは合成されないので食べ物からビタミンCを補給する必要があります。ビタミンCはコラーゲンの生成や抗酸化物質として働きます。

ビタミンCを多く含む食品としては、オレンジ・グレープフルーツ・レモン・ライムなどの柑橘類、菜の花・ブロッコリー・黄ピーマン・赤ピーマンなどの野菜、ジャガイモ・サツマイモなどがあげられます。

ビタミンCが不足すると、毛細血管がもろくなって毛細血管から出血したり、貧血、全身倦怠感、食欲不振などの症状が現れます。

野菜や果物などをあまり食べないとビタミンCが不足しがちになるので注意が必要です。特に、野菜嫌いな子どもでは、セノッピーなどのサプリメントでビタミンCを補給することはとても大切なことです。

セノッピー ナイアシン

セノッピーにはナイアシンが含まれています。ナイアシンはビタミンB3とも言われる水溶性ビタミンで、体内でエネルギーを作り出したり、タンパク質・脂質・糖質の代謝に必要です。

ナイアシンの欠乏症(栄養失調)になるとペラグラと言われる皮膚炎・下痢・精神神経障害などをおこすおそれがあります。

ナイアシンを多く含む食べ物としては、かつお・カンパチ・マサバ・サワラ・ブリ・キハダマグロなどの魚、鶏肉や焼き豚、ピーナツ、えのきたけ・ひらたけ・エリンギ・松茸などがあります。

セノッピー ビタミンA

セノッピーにはビタミンAが含まれています。ビタミンAは脂溶性ビタミンに分類され、目の健康を維持したり、皮膚や粘膜を正常に保つなどの働きがあります。ビタミンAが不足すると夜盲症、皮膚や粘膜の乾燥、成長障害などを引き起こすことがあります。

ビタミンAは動物性の食品に多く含まれ、主に牛乳・チーズ・卵・レバー・鰻・バター・緑黄色野菜などに多く含まれます。

ビタミンAは脂溶性のために摂り過ぎると、頭痛・吐き気・めまい・目のかすみなどを引き起こすことがあります。

セノッピー ビタミンB1

セノッピーにはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は水溶性ビタミンであり、糖質からエネルギーを得るために用いられ、中枢神経や末梢神経を正常に保つ働きがあります。

ビタミンB1を多く含む食品としては、小麦胚芽・ゴマ・ピーナツ・玄米・大豆・蕎麦・牛乳・鰻などがあります。

ビタミンB1が不足すると、全身倦怠感や四肢の知覚障害など脚気の症状が現れることがあります。アルコールをたくさん飲む人はビタミンB1が不足しがちなので注意が必要です。

セノッピー ビタミンB2

セノッピーにはビタミンB2が含まれています。ビタミンB2は水溶性ビタミンに分類され、炭水化物・タンパク質・脂肪などのエネルギー代謝に関して大きな働きをします。

また、ビタミンB2は正常な発育に欠かせないとされており、成長の促進、脂質の代謝促進、皮膚や粘膜の保護などの働きがあります。

ビタミンB2が含まれる食べ物としては、牛肉・鶏肉・豚肉・卵・牛乳・チーズ・ヨーグルト・アーモンド・小麦胚芽・納豆などがあげられます。

ビタミンB2が不足すると成長障害・皮膚炎・口内炎・胃腸障害などが起きることがあります。特に育ち盛りの子どもにとって、とても大切な栄養素ですね。

セノッピー ビタミンB6

セノッピーにはビタミンB6が入っています。ビタミンB6はアミノ酸の代謝や神経伝達の働きをする水溶性ビタミンです。ビタミンB6は成長を促進するビタミン、健康な皮膚や髪やはを作るビタミンとして知られています。

ビタミンB6が多く含まれる食品としては、牛や豚や鶏のレバー、鶏肉、カタクチイワシ、カツオ、サンマ、クロマグロ、ニンニク、ピスタチオ、ヒマワリの種、玄米、ゴマ、大豆などがあります。

比較的多くの食品に含まれるので、通常の食生活をしていれば不足することは少ない栄養素です。しかし、ビタミンB6が不足すると湿疹・口角炎・舌炎・貧血・聴覚過敏などが起きることがあります。

セノッピー ビタミンB12

セノッピーにはビタミンB12も含まれています。ビタミンB12はビタミンB群のひとつの水溶性ビタミンです。ビタミンB12はアミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働きます。

ビタミンB12を含む植物性食品は少なくて、焼き海苔には含まれます。ビタミンB12を含む動物性食品としては、牛や豚や鶏のレバー、シジミ、赤貝、イクラ、サンマ、ニシンなどに含まれます。

ビタミンB12の必要量は微量なのでビタミンB12が不足することはあまりありません。しかし、ビタミンB12を含む植物性食品はあまり無いので、厳格な菜食主義者ではビタミンB12が不足することもあります。

カルシウムグミの公式サイトはこちら

[セノッピー 背が伸びる]対象年齢

セノッピーは特に対象年齢は決められていません。セノッピーは無添加で日本国内生産で安全・安心。セノッピーには子どもの成長にとって必要な栄養素がたくさん入っていますから何歳からでも食べられます。

ただし、小さい子どもに食べさせる場合は、喉に詰まらせないように充分注意しながら食べさせる方が良いです。

セノッピー 口コミ

[セノッピー 背が伸びる]何歳から何歳まで?

セノッピーの対象年齢が気になりますよね。「セノッピーは何歳から何歳まで?」「セノッピーは何歳から何歳まで効果ある?」「セノッピーは何歳から飲むのが効果が出やすい?」「セノッピーは何歳から何歳まで飲める?」「セノッピーはいつから何歳まで?」「セノッピーは幼い頃から食べても問題ない?」そんな疑問を持っている人が比較的多いようです。

セノッピーは栄養機能食品なので対象年齢は特に決められていません。セノッピーの公式サイトに次のように書いてあります。

何歳からでもお召し上がりいただけます。 小さいお子様がお召し上がりになる際は 喉に詰まらないように保護者様が見守ってお召し上がりください。

(公式サイト)

セノッピーは2歳からでも3歳からでも食べられます。もちろん、中学生や高校生のような育ち盛りの子どもたちには特におすすめです。

ただし、2歳や3歳のような小さな子どもに食べさせる時は喉に詰まらせないように注意して食べさせる方がいいですね。

 

[セノッピー 背が伸びる]気になる効果ベスト3

[セノッピー 背が伸びる]気になる効果ベスト3 (1)背が伸びる (2)骨が丈夫になる (3)心も強くなる

栄養機能食品です!

カルシウムグミの公式サイトはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました